« 浅科ログハウス 夏のリコーダー・レッスン | トップページ | イタリアン・ヴァージナル »

Moriのリコーダー音楽会 vol.3

今年も、Moriのリコーダー音楽会の季節になりました。

2009年6月26日(金) 千葉市美浜区文化ホール(音楽ホール)

13時30分開演(13時開場)

生徒さんのデザインで、今回も素敵なポスターができました!

Mori_vol3_ketteibannnoresize_img009

音楽会専用の宣伝ページは次の通りです。http://music.geocities.jp/morino_recorder/index.html

上記アドレスでは、音楽会のトレードマークの小鳥が舞っています。それもぜひ、ご覧になってください happy01

今年は、千葉で私のレッスンを受講してくださるすべての生徒さんがみなさん出演します。プログラムは、初期バロック~盛期バロックの名曲から、ジョプリンのエンターテイナー、大人気のアフリカ組曲、フジテレビのドラマ主題歌で話題になったアンドレ・ギャニオンのピアノ曲、アンサンブルでの演奏曲はバラエティに富んでいます。

また、今年は、チェンバロ奏者の平山亜古さんをお迎えし、この春生まれたばかりのイタリアン・ヴァージナルのお披露目も兼ねて、個人レッスンを受講される生徒さんには、チェンバロとのアンサンブルを楽しんでいただくことになりました。ヘンデル、ルイエ、といったリコーダー独奏の名曲ぞろいです。今年は、声楽専門の生徒さんが、ヘンデルの素敵なカンタータも披露してくださいます。オブリガートのリコーダーは、森吉が共演させていただきます!

Moriのリコーダー音楽会は、もちろん、私の生徒さんの1年間の成果発表としての発表会を主眼としていますが、プログラムにはちょっとだけこだわりを持っています。他の場所での演奏の機会をすでにたくさん経験していらっしゃるグループ、今年はじめて参加されるグループ、久しぶりに発表される方・・さまざまな事情を考慮しながら、グループの良さがいちばん発揮されるように、それに加えて、音楽会を楽しむ方にもエンターテイメントして充実したひとときを過ごしていただけるように・・そんな風に考えながら構成しています。「○番で○分演奏して・・はい、終わり!」ではないのです。複数グループを掛け持ちしていらっしゃる生徒さんは、プログラム中、5つの演目にひっぱりだこだったりするのですから・・・!

プログラムの構成には、まず、音楽いちばん、です。

ゲストのミニ・コンサートのコーナーでは、我がアンテロープ・リコーダー コンソートのメンバー、野崎剛右君をお迎えし、リコーダーのデュオ、そして、リコーダー2本と平山さんとのトリオもお楽しみいただきます。リコーダーのデュオでは、現代曲を演奏します。昨年、リコーダー奏者であり、ご自身で作曲もされる吉嶺史晴氏との交流を通して、吉嶺氏のリコーダー・オリジナル作品『KAI開』を知る機会を持ちました。「現代曲は・・」とおっしゃる方は、バロック音楽の愛好家には多いのですが、リコーダーで演奏する現代の名曲には不思議な魅力があります。作品の仕上がり、演奏者の解釈にももちろん左右されますが・・空虚な現代曲の響きの中に時に感じるような聴衆を突き放すような冷たさとは縁遠いものだと思います。昨年、吉嶺史晴氏とのデュオ・コンサートを経験し、この魅力を再認識しました。あまり、耳慣れない響きと、聞いたことのない奏法かもしれません、むずかしいことは考えずに、2本のリコーダーの対話を楽しむつもりでぜひ、耳を傾けていただきたいと思います。最近惜しまれて亡くなった作曲家、広瀬量平氏の作品もプログラムに入っています。

お楽しみに happy02

会場でのリハーサル日程も決まりました!

すでに、会場へ足を運び、練習を楽しまれているグループもあります。千葉市美浜区文化ホール内の、私たちが今回使用する音楽ホールは、リコーダーの演奏を楽しむには程よい規模で、たいへん響きもいいのです。

「よくぞ、この千葉市に造って下さいました!」

会場でお目にかかります note

|

« 浅科ログハウス 夏のリコーダー・レッスン | トップページ | イタリアン・ヴァージナル »

Mori のリコーダー音楽会」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

きょう、近くのスーパーに行ったところ
コンサートのポスターを拝見しました。

2,3ヶ月前に野崎さんのリコーダーコンサートを聴きました。

私はフルートをやっていますが
バロックに惹かれて
リコーダー、ピアノ、フルートで
クヴァンツやエマニュエルバッハ、テレマンなどを演奏しています。

また野崎さんのリコーダーが響きのいいここのホールで聴けるのが楽しみです。
生徒さんたちの演奏も興味があります!

チェンバロも好きなので、こんな家の近くで聞けるとは!

投稿: 銀の笛 | 2009年6月20日 (土) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120566/29719537

この記事へのトラックバック一覧です: Moriのリコーダー音楽会 vol.3:

« 浅科ログハウス 夏のリコーダー・レッスン | トップページ | イタリアン・ヴァージナル »