« 音楽会当日までに・・ | トップページ | 真夏の・・!リコーダー・レッスン »

さらに進歩の1年でしたね・・!

Moriのリコーダー音楽会vol.4 、先週の土曜日に行われました。みなさま予想以上の立派な演奏で、いつもながら・・・・私はステージからみなさんのあふれるエネルギーをあびて、その日が来るまでのハプニングなどなんのその、すっかり元気を取り戻してしまいました・・・!

私の生徒さんの発表会から始めた音楽会ですが、第1回目当初から、“発表会”とはせず、生徒さんのおひとりがすてきにネーミングしてくださった“Moriのリコーダー音楽会”、千葉、そして千葉周辺でリコーダーとその音楽を楽しむみなさんに可愛がっていただきたいと願い、回を重ねてまいりました。私の生徒さんではないエオリアン・コンソートさんがカルテットで参加してくださったことは、開かれた音楽会への第1歩として、ほんとうにうれしく思います 

まだ、さまざま解決しなくてはならない事柄がありますので、“公募”というような方法では参加グループを募ってはおりませんが、いずれはそのようなことも考えて・・・と思っています。

それにしても、みなさんのすばらしい演奏・・・!今年は数楽章から成るような大曲を演奏されるグループが多かったのです。これまでの経験から、準備期間中のスケジュールに関しては、今回はたいへん慎重に上手く運びました。その中で、どのくらいの練習をすればどのような成果が得られるか、というたいせつなポイントを、いずれのグループのみなさんも、そして個人で演奏を楽しまれる方も、得がたい経験として実感されたことと思います。

一方で、会場での響きをどのように、自分達の演奏に上手く活用できるか・・ということが、ひとつ課題として残りました。千葉市美浜区にある文化ホール内の、小さな音楽ホール、私たちが昨年から利用させていただいているこの音楽ホールの響きは、リコーダーの独奏、チェンバロなど古楽器とのアンサンブル、そしてリコーダーのアンサンブルの響きには、まさに理想的な空間です。今年は2回目、という理由から、直前での会場練習をはぶいたグループも多かったのですが、立ち位置によって異なる響きにドキドキしてしまうような場面もありました。年間スケジュールの中に、会場練習も上手に組み込んでいった方がいいかしら~と感じる瞬間でした。

演奏し始めてすぐ、「あぁ~気分がいいな~」と思えたらこちらのもの、ドキドキの緊張感など飛んでいってしまって音楽に集中できること間違いなしなのです。私もそれは経験からよく知っていることなのですが・・

そして、音楽会として多くの方に広く聞いていただくからには、ステージでのマナーもたいせつにしていきたいと思いました。みなさんには演奏に集中していただくように、今回はお手伝いの方もお願いしました。それでも、前もっての下準備が充分とはいえず、ちょっと不自由な思いをさせてしまいましたね・・・ほんとうにごめんなさい。

いつも思うのです。私の生徒さんはみなさん、本業はほかにあるのです。ちょっとした時間を利用してリコーダーを楽しんでいらっしゃる・・・ステージでの完璧な立ち居振る舞いも、音楽を表現するための適切なテクニックも、それを常に考えている私たち演奏の専門家とは違います。

ふと日常を離れて「楽しみたいわ~  (→なぜか温泉?!)」と思ったときに、リコーダーの場合は表現の場としてステージがど~んと立ちはだかってくる・・・それもかなりいきなりな感じで。そこに果敢に挑戦されるみなさん、ほんとうにすごい!と私はしみじみと感動を覚えるのです。

これからもみなさんの“楽しみ”のためのお手伝い、大喜びで続けさせていただきますね 

よろしくお願いします 

|

« 音楽会当日までに・・ | トップページ | 真夏の・・!リコーダー・レッスン »

Mori のリコーダー音楽会」カテゴリの記事