« 美浜 バロック音楽のひととき 2013 vol.3 | トップページ | 第7回 Moriのリコーダー音楽会  »

Moriのリコーダー音楽会 vol.7

今年も、Moriのリコーダー音楽会の季節になりましたnote

2013年6月28日(金) 13:00開演(17:00終了予定)/ 千葉市美浜区「美浜文化ホール 2F 音楽ホール」 / 入場無料 

全体合奏もありますので、リコーダーをお持ちになってください。今年の全体合奏では東日本大震災支援ソング《花は咲く》をみなさんで演奏したいと思っています。《花は咲く》は、金子健治さんのアレンジで、素敵なリコーダー四重奏になりました。

※金子健治さん編曲のリコーダー四重奏は、専門誌『季刊リコーダー』第7号に掲載されています。

今年のプログラムも3つの部分に分かれています。チェンバロ奏者の平山亜古さん、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の西谷尚己さんをお招きし、独奏曲を披露して下さる皆様の通奏低音を共演して頂きます。

プログラム: バッハ《フーガハ長調(org.変ホ長調)BWV876》 《フーガの技法 第1番・第3番》、テレマン《独奏ソナタ ハ長調》《独奏ソナタ ニ短調》 《ソナチネ ハ短調》、カーレイ《カクテルズ》、スコットランド民謡《ウォーター・イズ・ワイド》、スヴェーリンク《我が青春は過ぎ去りぬ》、マルチェッロ《独奏ソナタ ヘ長調》、ヘンデル《水上の音楽 組曲第1番》 ほか

もちろん、リコーダーアンサンブルならではの愉しみ、カーレイの《カクテルズ》など、楽しい現代曲の演奏もありますが、今年はなぜか・・バロック時代の作品がそろっています。特にバッハの人気はすごい happy02

ポリフォニー音楽の奥の深さを知ってしまうと、その楽しさにはほんとうに・・・どなたでもどっぷりとつかってしまうようです。グループによっては、「バッハを演奏したい!」とメンバーの意見が一致したときに作品探しから始めて、楽譜まで自分たちで使いやすいように制作してしまいました。特にフーガでは、テーマはどこにあるかしら?各声部に現れるテーマをどんなアーティキュレーションで吹いたらいいかしら?テーマがどんなふうに構築されているかしら?と、皆さんで「音楽のあり方と演奏の仕方を吟味すること」が練習の醍醐味になっています。

汲めども尽きない音楽の泉の奥の深さに心から感動しながら音楽会当日を迎えて下さるに違いありません。

バッハと同時代の音楽家、テレマンの人気も、今回の演奏会ではなかなかのものです。独奏曲でテレマンを披露して下さる方が3人いらっしゃいます。偶然ではないかもしれませんが、指導者のミニ・コンサートで私が平山さん、西谷さんと供に演奏するのもテレマン《ドッペル・コンチェルト》。やはり、テレマンからお声がかかってしまいました(笑)

今朝、千葉では未明からよく雨が降りました。蒸し暑いので、少しだけ開けた窓の隙間からしとしとと聞こえてくる雨音。雨音に風情を感じるのも・・・・先日来、老眼鏡のお世話になることになったこの年齢のせいでありましょうか(笑)

おまけ:最近、ポット次第でお茶の味が良くなることを知ったのですよ。無類のお茶好きです。(ちなみに2年ほど前からコーヒーのおいしさにも急にめざめたので「何でもいける」ようになりました。)最近入手した紅茶ポットはハリオ社作。細かいメッシュのステンレス製筒型茶こしがポット中心に縦に入っています。「これじゃジャンピンぐが見えない」と思いつつ購入。(我ながら不可解な行動)ところが!このステンレス製の筒型茶こしで高温が保たれるせいか、ほどよく蒸らされてすご~く紅茶の香りが立つのです。一度、その茶こしを取って、ジャンピングを目で楽しんでからお茶を入れてみました。そうしたら・・・香りがあまり強くないことがわかりました。

もひとつおまけに、以前から欲しかった細かいメッシュの茶こしが一体型になった急須を購入。「なんで焼き物に金属の茶こし!?」と、以前からステンレス製の茶こしを陶製の急須に挿入することに疑問を持っていたワタクシ。常滑焼のすんご~く素敵モダンなデザインを発見!しかも、メッシュの茶こしは非常に細かく、同じ常滑焼で一体型。「買うっきゃない」  さらにおいしい煎茶が楽しめるようになりましたnote

ああぁ~専門誌『季刊リコーダー』の入稿 真っ只中。同時にMoriの音楽会準備進行中。そんなワタクシをホット(ポッheart02ト)させるのは、優れたポットから注ぎ出る一杯のおいしい「お茶」なのでございました。しあわせ heart01

    

|

« 美浜 バロック音楽のひととき 2013 vol.3 | トップページ | 第7回 Moriのリコーダー音楽会  »

Mori のリコーダー音楽会」カテゴリの記事

コメント

6月28日の熱気がこもる演奏を楽しませていただきました。あとから伺うと湿気のため状態の良くない楽器とたたかいながらの演奏だったようですが、たがいに聞きあいながらひとつの音楽にまとめて行こうとする意欲が上まわっていました。加えて模範演奏のテレマンドッペルコンチェルトの優美さに酔いしれました。いまから来年が楽しみです。

投稿: T.K. | 2013年7月 1日 (月) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120566/52057387

この記事へのトラックバック一覧です: Moriのリコーダー音楽会 vol.7:

« 美浜 バロック音楽のひととき 2013 vol.3 | トップページ | 第7回 Moriのリコーダー音楽会  »