« リコーダーコンテスト 東京大会 | トップページ | リコーダーとチェンバロ Duo コンサート »

Moriのリコーダー音楽会 2015

今年も6月にMoriのリコーダー音楽会を行います。

今年の音楽会は6月20日(土)。念願の「週末」音楽会が実現いたしますnote

さて、今年も千葉市を中心にリコーダーとその音楽を楽しまれる皆さんがステージに立ちます。

音楽会まで、このプログで継続して楽しい(時には苦しい?!)準備の様子をご紹介いたしましょう。今回は、音楽会で独奏曲を披露される愛好家の皆さんについて。

このところ、独奏を楽しまれるすべての生徒さんが益々音楽的に深いものを追求されるようになってきて、レッスンで2重奏などを楽しんでいるとごく自然に私自身も音響の世界に引き込まれていくように感じる瞬間が増えてきました。

そういえば・・・・

「お上手ですね」というほめ言葉のたぐいは(ま、めったに言わないですが)個人レッスンの時には右の耳から左の耳へ・・・と軽く受け流される雰囲気がすべての個人レッスンに漂うようになってきました。(これは単純な自己満足などではございませぬ。明らかに、数年前とは違うのです。)

ところで、リコーダーの音色を好きだな~と思ううちに、やっぱり練習用に購入したプラスティックのリコーダーよりも木製リコーダーの音色の方がやわらかくていいわぁ~と思われる方がほとんどで、年に数回行っている「木製リコーダー選定ツアー」(笑)は、毎回大好評です。そんな中、このところ音楽的に数段高い場所に到達しつつある(歓喜)個人演奏を楽しむみなさんが、バロックピッチのリコーダーをご希望されるようになりました。

Moriのリコーダー音楽会のステージで個人演奏を披露する時に、バロックピッチのリコーダーで演奏できると、平山亜古さんと西谷尚己さんのお二人に通奏低音をご一緒していただけるという喜びもあります。

ピッチの異なるリコーダーで演奏するとどんな楽しみが広がるのか、まだこのブログではお話したことがありませんでしたね。また機会を持ちたいと思います。

たかが半音、されど半音。

モダンピッチのリコーダーとバロックピッチのリコーダーはたったの半音の違いなのですが、これが、たいへん大きな違いになって演奏者には得るものも大きいのです。まもなく、今年度2回目のリコーダー選定ツアーに、生徒さんと一緒に臨みますhappy02

良い楽器との出会いがあるといいなぁ~とわくわく致しますhappy02happy02

おまけ: 勤務している大学近くの上野公園の朝、めずらしい雪景色でした。雪が降ると空気がほんとうにしずまりかえってしまいますね。吐息が凍るほどの寒さでしたが、先日の信州の美しい雪景色と重なって、どこにいるのか・・・一瞬わからなくなってしまいました。寒いですね、みなさまもどうぞご自愛くださいませ。

20150130_120150130_2

|

« リコーダーコンテスト 東京大会 | トップページ | リコーダーとチェンバロ Duo コンサート »

Mori のリコーダー音楽会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120566/58757682

この記事へのトラックバック一覧です: Moriのリコーダー音楽会 2015:

« リコーダーコンテスト 東京大会 | トップページ | リコーダーとチェンバロ Duo コンサート »