« Moriのリコーダー音楽会 2015 | トップページ | 明日6/20 Moriのリコーダー音楽会vol.9 »

リコーダーとチェンバロ Duo コンサート

ようやく春の陽気ですね。

演奏会のご案内を致します。

2015年4月5日(日)ランデヴー・バロックコンサート~ステップとメロディ Step and Melody 織り込まれる華麗な舞踏ステップ

森吉京子(リコーダー) 平山亜古(チェンバロ)

プログラム: シェドヴィル《ソナタ ハ長調》、ダウランド《パヴァーヌ》《デンマーク王のガリアルド》、マルチェッロ《ソナタ ヘ長調 シャコンヌ付き》、ファンエイク《クーラント》、デュパール《組曲 第5番》、ダングルベール《シャコンヌ》、コレッリ《ラ・フォリア》

18:00-19:00 演奏会(17:30 開場)  ※ 演奏会の後、お食事会があります。

一般3500円 近隣の方3300円 CIC会員2850円 ※ワイン、お食事、デザート込

予約・問い合わせ: 03-5758-3875(キュルチュール・インターナショナル・クラブ)

キュルチュール・インターナショナル・クラブ(フランス語学校)で2カ月に1度行われるバロック音楽のコンサートシリーズに、今年は4月に出演させていただくことになりました。演奏会の後にはお食事会があり、演奏者とお客様が一緒になって楽しい懇親会になります。

プログラムは、舞踏のステップリズムがメロディになった、くだけた言い方をお許しいただけば、「ノリの良い曲」ばかり。かっこいいリズムが随所に出てきて、初めて耳にする曲でもつい、身体を動かしたくなってしまうような音楽がいっぱいです。

森吉「亜古さん・・ステージでステップを踏んで、この際踊りを披露しちゃおうか?」

平山「ひぇ・・もりりんと私が?!それはちょっと迷惑ってものじゃ・・。」※注:もりりん=亜古さんが私を呼ぶ時の私のなまえ。

ということで、私たちは踊りを披露しませんのでご心配なく(笑)

古楽奏者はたいてい音楽を学ぶ過程でバロックダンスも少しかじります。私もオランダ留学中にジグを踊らされて、講堂に集まったたくさんの学生と一緒に手をつないで輪になり、息を切らしてひどい目に合った・・・いえ、ジグの跳躍感を体験したことを思い出します。

もちろん、楽しいんですよ。でも、踊りには向き不向きってものがバ~ンと存在します。私のような胴長短足のバランスの悪い身体ではどうにもバロックダンスの優雅さは表現できないのですが、音楽を演奏する時には「歌と踊り」を必ず意識します・・と言いますか、それを意識せずして演奏できないのです。

小さなサロンにぴったりの名曲ぞろい、どうぞお楽しみください。

おまけ: 年齢を重ねると生き方もシンプルになりますね。本日は私の勝手な「美容」豆知識をひとつ。最近、私の周りから洗顔料とシャンプーが消えつつあります。ナイショ話ですが、ぜひ、お試しを。シャンプーなしの洗髪で髪がさらさらツヤツヤしっかりとコシを持つように。

|

« Moriのリコーダー音楽会 2015 | トップページ | 明日6/20 Moriのリコーダー音楽会vol.9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120566/59434947

この記事へのトラックバック一覧です: リコーダーとチェンバロ Duo コンサート:

« Moriのリコーダー音楽会 2015 | トップページ | 明日6/20 Moriのリコーダー音楽会vol.9 »