« エヴァ・レジェーヌさん | トップページ | エヴァ・レジェーヌさん 来日in Spring »

グレート・バス・リコーダー

おくればせながら・・グレート・バス・リコーダーを購入しました。

アンサンブルのコンサートなどで、演奏仲間が所有している楽器を借りて演奏することはしばしばありました。けれども、やはり自分の楽器ではないので、それだけでもしっくりこないというか、「自分の音が出せない楽器」としての認識しかなく、バス・リコーダーを上手く吹きこなせるだけで充分と考えていました。
ところが、C管になるだけで、やはり低音の重厚さが違いました。J.S.バッハの《フーガの技法》をリコーダーアンサンブルにアレンジしたものがありますが、バス・リコーダーですとオクターヴを少なからず変更せざるをえないところ、グレート・バスでしたらしっかりと低音を鳴らすことが出来ます。
楽器店では5本の楽器の中からお気に入りを見つけましたが、選定の基準で一番重要なのは、やはり、前音域の音量のバランスが良いことでした。5本のグレート・バスをかわるがわる吹きながら試奏室で粘って2時間、果たして、音量バランスの良い楽器は見つかったのですが、音程に関してはなかなか難しいということがわかりました。
リコーダーでこれだけの数のキィ、これだけ大きな内径・・調整も難しいに違いありません。
最初のオイリングも一苦労でしたから。
ただ、ここであきらめてはいけませぬ。
グレート・バスの運指は、まず、運指表を頼みにしてはなりません。
ひたすら良く「聴く」そして、キィのすべてを巧みに駆使して、運指のすべてを工夫する必要があります。
手間がかかるほど、かわいい楽器になるではありませんか・・・
偶然、『季刊リコーダー』第17号の栗コーダーカルテットさんが担当するページで、この楽器をこよなく愛する?メンバーの方が「あるある話」を語って下さいました。おもしろいですhappy02happy02
ますますこの楽器を究めたくなってきました。
おまけ・・・信州の田舎から、庭先で実ったザクロが送られてきました。今年のザクロは甘い!子どもの頃はこの酸っぱさが大好きで、秋になるのが楽しみでした。このところ、年齢のせいか「酸味」に弱くなったワタクシですが、今年のザクロは違います。
小さな赤いひとつぶひとつぶをゆっくり食べるヒマなど・・と思ってながめるうちに、そうだ、と思い出しました。ザクロのおいしい食べ方。人差し指と親指の間に一粒はさんで、軽く開けた口に向かって押しつぶすとパッ!と甘酸っぱいザクロの果汁が口いっぱいに広がります・・それが楽しくて、忙しいというのになんとなく椅子にずっと腰掛けたまましばらく楽しんでしまいました・・・maple

|

« エヴァ・レジェーヌさん | トップページ | エヴァ・レジェーヌさん 来日in Spring »

リコーダーの奏法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1120566/62344609

この記事へのトラックバック一覧です: グレート・バス・リコーダー:

« エヴァ・レジェーヌさん | トップページ | エヴァ・レジェーヌさん 来日in Spring »