書籍・雑誌

季刊リコーダー 春号 

すっかりごぶさたしてしまいました。今日は春の嵐・・・帰りの電車の中で昨年秋の台風を思い出していました・・やはり今日も超えられなかった江戸川の橋・・・かろうじて10分ほどの待機で風速30メートル/秒の暴風はおさまり、どうやら30分ほどの遅れで帰宅できました。みなさまご無事で自宅で過ごしていらっしゃることを祈るばかりです・・・

『季刊リコーダー 春号』が間もなく、4月15日に発刊の運びとなります。今回も充実した内容になりました。貴重な情報をお寄せ下さったみなさま、私の原稿を最後まで忍耐強く校正し続けて下さった編集のみなさま、心から感謝申し上げます。

『季刊リコーダー』こだわりのスペシャル・インタビューは、リコーダー製作家の斉藤文誉(さいとうふみたか)さん。これでもか、というほどの奥の深い話題、とてもすべてを文字にすることなどできず、2回、3回・・・と連続することにいたしました。新年早々に一時帰国されていた斉藤さんを“つかまえて(!)”行われたインタビューですが、2時間をはるかにこえてのロング・インタビュー。リコーダー・ファンの方たちにはきっと満足いただける、ほんとうに興味深いお話です。

そして、今回の公開講座は、世界的リコーダー奏者のケース・ブッケ氏です。私はオランダ留学中に、何度かブッケ氏の演奏会に足を運びました。隙のない超絶技巧と考え抜かれたフレージング、鋭い目つきはステージの上で「ちょっと無愛想?」とも思えてしまうのですが、納得の演奏に若かりしワタクシはため息をもらしたものでした。目の前の、貫録あるケース・ブッケ氏が受講生にするアドヴァイスのひとつひとつから、あの頃オランダで耳にした氏の音楽がそのまま蘇ってくるようでした。こちらもまた2日間にわたるロング・マスタークラス。2~3回の連載になります。

どうぞ、今号もお楽しみに。お手元に届くまでほんの少し、お待ちくださいませ。

4月から、東京上野にある大学勤務が始まりました。博士課程に通う時分がそうだったように、再び上野公園の桜と秋の木々から季節の移り変わりを感じる日々を過ごすことができることがうれしくてたまりません。

長かった冬を越えた上野公演の桜は少しずつ色づき始め、それでもまだ何やらはずかしそうで・・・は~るよ来い♪ とほほえみながら歌うさくらたちのうれしそうな歌声が聞こえるようです。

春の嵐の後は・・・美しい桜がほんとうに楽しみですね cherryblossom

| | コメント (1) | トラックバック (0)

季刊リコーダー 10月15日創刊

10月15日、リコーダーの定期購読誌『季刊リコーダーThe Recorder Quarterly』が創刊されます。 001_3                                                                

  創刊号のために、多数のリコーダー奏者のみなさまにさまざまな話題を提供していただきました。特に、東京リコーダー・オーケストラ率いる金子健治さんには、旬の音楽の編曲作品やオリジナルのすてきなリコーダー合奏曲を提供していただきました。

約60ページの雑誌のうち、半数を楽譜が占めています。インターネットでも無料の楽譜が紹介されている時代ですが手にとって活用できる楽譜にはまた違った価値があります。また楽譜掲載のセクションには、読みづらく実用向きでないオリジナルのファクシミリ版や、実際に使っていて問題の残る現行のモダン譜などを改めて見直して、リコーダーの指導者の方たちにも活用していただけるようなものを提供するコーナーも設けました。

リコーダーとその音楽を愛好する全国のみなさまに、いつも傍らに置いて活用していただけるような雑誌になりますようスタッフ一同心を込めて製作に打ち込んでおります。

 

製作体制 販売 

歌う!奏でる!プロジェクト製作プロデューサー 光安 正(ダイヤモンド音楽出版)

ディレクター&販売管理担当 山下直樹(メロネスト)

監修 森吉京子

編集顧問 富浦元公 (麹町ミュージック)

                                                                              

                                                                   

ここに、目次の一部をご紹介いたしましょう。

                                                      

                                                      

巻頭インタビュー ダン・ラウリン 公開講座

新『季刊リコーダー』創刊を祝って 荒川恒子

特集 田中せい子&ダニエレ・ブラジェッティ

   ソナトーリ・デル・フォンテゴ

ラボ 1 リコーダーの音楽を愉しむ

    ファン・エイクの音楽と楽器 高橋明日香

リコーダーのメンテナンス

リコーダーの豆知識

演奏者の横顔 私とリコーダー 花岡和生

掲載楽譜

JIN-仁-メイン・タイトル  金子健治編曲

フィエスタ         金子健治作曲

スザート 《ダンスリー》(1551)                                                                                                                             

私にはたいへん大きな仕事ですが・・・日本のリコーダー界の今をしっかりと見つめながら、リコーダーとその音楽を愛するみなさんの架け橋となるような雑誌を目指して努力して参りたいと思います。                                                                      

                                                             下の画像が注文用紙です。こちらをプリントアウトしてご利用いただけます。

また、次のアドレスへ直接ご注文いただくこともできます。

どうぞご利用ください。

recorder@melonest.com

002_4

                                  

これを機に、『季刊リコーダー』ホームページも開設されました。 

http://www.kanaderu.com/recorder/

開設されたばかりで工事中のページが多いのですが、今後、少しずつ充実させて参ります。どうぞ、こちらも合わせてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)